iPad には何台のモニターを接続できますか?

モニターをiPadに接続する

2019年にiPadOSが登場して以来、 Appleのタブレットは毎年大幅な改良が加えられ、マルチメディア コンテンツを利用するための多用途デバイスとプロ向けの強力なツールの間のバランスを取るよう努めています。 ラインナップへの注目すべき追加は、最近リリースされた iPad Pro は、そのプロフェッショナルな機能をさらに強調します。 ただし、専門家の要件を考慮すると、「iPad に接続できるモニターの最大数は何台ですか?」という疑問が生じます。

iPadを外部モニターに接続できますか?

現在、Apple は XNUMX つの異なる iPad モデルを市場に提供しており、それぞれに独自のバリエーションがあります。 ただし、それらはすべて、生産性やプロフェッショナルな使用を妨げる共通の制限を共有しています。 各デバイスを詳しく調べてみましょう。

iPad Pro: iPad Proは、iPadラインナップのフラッグシップモデルです。 2018 年に USB-C ポートが導入されて以来、USB-C ポートを使用して外部モニターに直接接続できるようになりました。 ただし、重大な制限があります。接続できる外部モニターは XNUMX 台だけです。 他のアクセサリを接続することは可能ですが、Apple は追加のモニターを接続できることを指定していません。 むしろ、それは、 SSD ストレージディスク。

ipad_pro

iPad Air: 標準の iPad と iPad Pro の間に位置する iPad Air は、USB-C ポートも備えており、外部デバイスの接続が可能です。 ただし、外部モニターへの接続に関しては iPad Pro と同じ制限と機能を共有します。

第 9 世代および第 10 世代 iPad: 第 9 世代 iPad は Apple の Lightning コネクタを利用しているため、外部モニターに接続するにはアダプターが必要です。 一方、第 10 世代 iPad には USB-C ポートが組み込まれており、上記と同様の手順で外部モニターに接続できます。

iPad Mini: Apple のラインナップの最小モデルである iPad Mini には、その XNUMX 番目のバージョンに USB-C 接続ポートが含まれており、外部モニターに直接接続できるようになります。

要約すると、iPad のすべてのモデルには外部モニターに接続する機能がありますが、接続できるモニターは 17 台のみという制限があります。 さらに、iPad Pro の場合、付属のモニターはデバイスのプライマリ カメラを利用します。これは iPadOS XNUMX で導入された新機能の XNUMX つです。

この機能の欠点

前述したように、iPad を外部モニターに接続したときの主な制限は、インターフェイスがモニターの画面サイズに合わせて調整されないことです。 iPad がすべてのモニター サイズに適応できるわけではないことは理解できますが、よりパノラマ形式が欠けていると快適な使用が妨げられ、一部のユーザーが製品の購入を思いとどまる可能性があります。

iPadの画面をミラーリングする

ただし、特に iPad 用 Final Cut Pro のリリースを考慮して、Apple が iPadOS の将来のバージョンでこの制限に対処することについて議論がありました。 Apple はこの点の改善に取り組むことが期待されています。 現在、利用可能な唯一の解決策は、外部モニターまたはテレビの画面解像度を手動で調整して、視聴エクスペリエンスを最適化することです。

ipad_pro_05

最後に、外部モニターのサポート レベルは、使用するアプリケーションによって異なる場合があることに注意してください。 一部のアプリは真の拡張画面サポートを提供する場合がありますが、そのような機能は Apple によってネイティブに開発されたものではないことを認識することが重要です。

結論として、外部モニターを iPad に接続する機能は、生産性を向上させるための貴重なツールとなり得ます。 ただし、接続できる外部モニターが XNUMX 台だけという制限や、モニターの画面にインターフェイスが適応していないなど、既存の制限を認識することが重要です。