神話を暴く: 太陽の写真を撮ると携帯電話にダメージを与える可能性がありますか?

日食などの最近の天体現象を受けて、スマートフォンを使用してそのような現象を撮影することの安全性に関する共通の疑問が生じています。多くの人は、デバイスのカメラを太陽に直接向けると損傷が生じるのではないかと疑問に思っています。目の損傷を避けるために太陽を直接見ることに対するよく知られたアドバイスを考慮すると、この懸念は根拠がないわけではありません。

しかし、同じリスクが携帯電話のカメラにも当てはまるでしょうか?

iPhoneのレンズ

カメラと太陽光の背後にある科学

広く信じられていることに反して、太陽を写真に撮ることは、 iPhone または同様のデバイスは、カメラのレンズやデバイスの内部コンポーネントに太陽の放射線による危険をもたらすことはありません。人間の目に害を及ぼす可能性がある太陽が発する放射線は、カメラのレンズや携帯電話の内部が同じように作られている材料(プラスチックや金属)には影響を与えません。

本当のリスク: 温度

ただし、放射線は懸念事項ではないかもしれませんが、温度は懸念事項です。夕日や日食を何時間も撮影するなど、高温に長時間さらされると、デバイスが過熱する可能性があります。この過熱はカメラを損傷する危険があるだけでなく、バ​​ッテリー寿命を含む携帯電話の全体的な機能にも影響を与える可能性があります。過熱が発生する可能性のある一般的なシナリオは、携帯電話を直射日光の下に長時間放置することです。これはビーチの日に簡単に行われます。

太陽を撮る: ヒントと注意事項

太陽や日食の写真を簡単に撮影しても損害が発生する可能性は低いですが、デバイスとあなた自身の安全を確保するために、いくつかの点に留意する必要があります。

  • 長時間の暴露を避ける: 直射日光下で連続録画や撮影を行うと、過熱の危険性が高くなります。セッションを制限し、デバイスの温度を監視します。
  • 画面をフィルターとして使用する: 写真やビデオ撮影中など、デバイスの画面を通して太陽を見ても、画面は有害な放射線を透過しないため、太陽を直接見る場合と同じ危険が目に生じることはありません。ただし、画面上の明るい光を長時間見つめないことをお勧めします。
  • 太陽写真への挑戦: 太陽の栄光をすべて捉えるのは簡単な作業ではなく、真に壮観な写真を撮るには通常専門知識が必要です。このイベントをなんとか攻略できれば、多くの人が達成できないことを達成したことになります。

将来を見据えて: 2026 年にスペインで起こる皆既日食

次の大きな天体現象を捉えたい人にとって、スペイン、特にアストゥリアス州のオビエドは、2026 年の皆既日食の絶好の観察スポットです。このイベントは、写真愛好家にとって、視力や機器を損傷する危険を冒さずに記憶を保存しながら、デバイスを通じて日食を安全に撮影できるまたとない機会を提供します。

まとめ

日食などのイベント中を含む太陽の撮影は、過熱に対する予防措置を講じていれば、デバイスを損傷することなく安全に行うことができます。これにより、写真愛好家も一般の観察者も同様に、デバイスを長時間太陽にさらさないことの重要性を念頭に置きながら、これらの畏敬の念を抱かせる天体の瞬間を恐れることなく撮影できるようになります。

知ってますか?

この安心感は、過熱を防ぐために太陽光への直接曝露を最小限に抑えることを前提として、DSLR カメラ、コンピュータ、さらにはゲーム機を含むさまざまな種類の機器に広く適用されます。

カメラを準備して次の太陽イベントを楽しみましょう。ただし、デバイスの完全性と個人の健康の両方を優先して、安全に行うことを忘れないでください。