Ubuntu でのカーネル 6.6 へのアップグレード: ユーザーガイドのアプローチ

Ubuntuの は、ユーザーを最新のカーネル バージョンに定期的に更新していないことで、しばしば批判にさらされてきました。 この批判は、標準の 9 か月サポート バージョンと、サポート期間が 5 年間ある長期サポート (LTS) バージョンの両方に当てはまります。 通常、Ubuntu を開発している Canonical は、新しいカーネル アップデートの提供を優先しておらず、サポートされているものの、考えられるすべてのメリットを提供できない古いバージョンがユーザーに残されています。

23.10 月中旬の Ubuntu 6.5 のリリースにはさまざまな反応がありました。 これには当時最新のカーネル 6.6 が含まれていましたが、その目新しさは長くは続きませんでした。 XNUMX 月末までにカーネル XNUMX がリリースされましたが、Canonical はメイン ディストリビューションをこの新しいバージョンに更新せず、またその予定もありません。

Linuxのubuntu

カーネル 6.6 では、特に次の機能が大幅に強化されました。 インテル プロセッサとサポートの強化 レノボ、HP、および ASUS ラップトップ、および新しいドライバーと既存のドライバーの改良。 こうした進歩にもかかわらず、Canonical はユーザーに簡単なアップグレード パスを提供していません。 ただし、その利点を活用するために、バージョンに関係なく、この新しいカーネルを Ubuntu システムに手動でインストールする方法をご案内します。

Ubuntu への Linux カーネル 6.6 のインストール

新しいカーネルをインストールする方法の 64 つは、プリコンパイルされたカーネル パッケージをダウンロードすることです。これは、単純なダブルクリックでインストールできます。 これらのパッケージは特定のリンクで見つけることができ、システム アーキテクチャ (ほとんどの場合、AMDXNUMX) に対応するパッケージを選択する必要があります。 XNUMX つの DEB ファイル (汎用カーネルとそのモジュール) をダウンロードし、指定されたフォルダーに配置します。

次に、ターミナル ウィンドウを開いてこのフォルダーに移動し、次のコマンドを実行してファイルを処理してインストールします。

sudo dpkg -i *.deb

インストール後、コンピュータを再起動し、GRUB メニューから新しいカーネルを選択して、バージョン 6.6.1 の使用を開始します。

DEB ファイルを手動でダウンロードしてインストールするのが難しいと思われる場合は、より簡単な解決策があります。 「Mainline」という名前のツールを使用すると、Ubuntu で利用可能なカーネル バージョンを参照してインストールできます。 次の端末コマンドを使用して Mainline をインストールできます。

sudo add-apt-repository ppa:cappelikan/ppa
sudo apt update && sudo apt full-upgrade
sudo apt install -y mainline

Mainline は、新しいカーネル バージョンを自動的に検索してリストします。 バージョン 6.6.1 を選択し、「インストール」をクリックすると、残りはプログラムが処理します。 完了したら、コンピュータを再起動し、GRUB メニューから新しいカーネルを選択します。

正規保証とセキュアブートに関する注意事項

これらのカーネルには正規保証が付属していないことに注意することが重要です。 これらは正常に動作するはずですが、問題や非互換性は Ubuntu の開発者によってカバーされません。 また、デジタル署名されていないため、使用するにはセキュア ブートを無効にする必要がある場合があります。 通常、これが大きな問題を引き起こすことはありませんが、誤解を避けるためにこれらの要素を認識しておくことが重要です。

問題が発生した場合は、いつでも GRUB の「詳細オプション」から以前のカーネル バージョンを使用して再起動できます。