Thunderbirdはメールとプロファイルデータをどこに保存しますか?

時間とともに、 オンライン Eメール プラットフォームを使用すると、クラウドを介してインターネット上のこの重要な要素を管理できます。 これらすべての明確な例は、GoogleサービスのGmailで見つけることができます。 しかし、Thunderbirdなど、ローカルにインストールするアプリケーションも、引き続き市場に浸透しています。

ソーシャルネットワークやインスタントメッセージングアプリケーションが大量に使用されているにもかかわらず、電子メールは依然として日常的に非常に使用されている要素です。 これはすべて、個人レベルとビジネスレベルの両方で拡張されたものであり、多くの人がそれが終了したと考えていました。 しかし、すべてとそれで、送受信 電子メールメッセージ あらゆる種類の環境と使用モードでまだ非常に一般的です。 前に述べたように、これらの要素は両方を通じて管理できます クラウドプラットフォーム とローカル。

Thunderbirdはメールとプロフィールデータをどこに保存しますか

この特定のケースでは、XNUMX番目のモダリティ、つまりPCにローカルにインストールするプログラムに焦点を当てます。 きっと Outlook 多くの人にはおなじみのようですが、 サンダーバード 何年も私たちと一緒にいるプログラムでもあります。 このXNUMX番目に言及されているのは、非常に便利な無数の機能と機能を提供するオープンソースアプリケーションです。 メール管理 .

さらに、非常に直感的で、複数の電子メールアカウントを管理できるユーザーインターフェイスを提供します。 知らない人のために、Gmailアカウントを追加することもできます メッセージの送受信 サンダーバード自体から。 メールにローカルプログラムを使用すると、いくつかの利点があります。 すべての構成設定とアカウントがドライブに保存されることに注意してください。

PCでThunderbirdのプロファイルとデータを見つけます

両方の使用モードの主な違いのXNUMXつは、クラウドプラットフォームがメッセージとアカウントをコンピューターに保存しないことです。 まったく逆に、これらの特定のタスクのためにインストールするアプリケーションで発生します。 そして、このプログラムは言及されたもののようなものです、それ 多数のデータを保存します ディスクドライブ上のアプリケーション自体に属しています。

クレアクエンタサンダーバード

これはすべて私たちが多くを持つことを可能にします メッセージ、構成、およびユーザープロファイルをより詳細に制御 プログラムで使用します。 この時点で、Thunderbirdの場合に説明したこのすべての情報をどのように見つけるのか疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。 それでは、 ディスクの場所 デフォルトでプログラムをインストールしている場合は、すべての情報を見つけることができます。 また、パーソナライズされたインストールでは、参照する場所が異なる場合があることに注意する必要があります。

さらに、使用中に発生した可能性のあるすべてのエラーとクラッシュ 私のオープンソースのメールマネージャー も保存されます。 各ユーザーに対応するファイルとフォルダーを手元に用意しておくと、たとえば、PCから移行して、このすべての個人データを持ち運ぶときに役立ちます。 これらすべてを含むフォルダにアクセスするには Windows システムでは、次のパスに移動します。

C:/Users/USUARIO/AppData/Roaming/Thunderbird

ここには、ユーザーアカウントや発生したエラーなど、コメントしたデータに関連するいくつかのフォルダーがあります。