KeePassはパスワードのインポートとエクスポートにどのような形式を使用しますか?

これらの時代では、すべての個人データを安全に保存することが重要です。 これは、個人アクセスパスワードのように超越的なものを参照するときに特に重要になるものです。 このために、このために特別に示されたいくつかのプログラムを使用することができます。 KeePassマネージャー.

このタイプのアプリケーションの使用は、 パスワードマネージャーとして機能する 何年も成長を止めていません。 これの主な理由は明らかであり、これらのセキュリティ要素の数が増えており、それらの複雑さはさらに大きくなるはずです。 さらに、専門家は 個人パスワード 複雑で堅牢でなければならず、決して繰り返さないでください。 これらの推奨事項はすべて非常に便利ですが、覚えるのが非常に難しいという欠点があります。

KeePassがパスワードのインポートとエクスポートに使用する形式は何ですか

これはまさに、前述の明確な例でここで参照するパスワードマネージャーです。 持ち歩きます 場に出る。 これは、このタイプの最も人気のある提案のXNUMXつであり、多くのユーザーが選択します。 パスワードを管理するためのこれらの提案のそれぞれが私たちに提供するすべての機能とは別に、 内部操作は通常非常に似ています 。 実際には、ほとんどのマネージャーは、パスワードが徐々に保存される内部データベースを作成する責任があります。

interfaz keepass

いつものことは、私たちが言及したこのデータベースは マスターキーで保護 私たちだけが知っていること、そして忘れてはならないこと。 同時に、ここに保存されているすべてのパスワードは、アプリケーション自体に統合されたセキュリティ方式で暗号化されています。

KeePassでパスワードをエクスポートするために使用するファイルタイプ

同様に、これらのプログラムには通常、 これらのデータベースをエクスポートおよびインポートする コメントしています。 これらすべてにより、別の代替手段からの移行がはるかに簡単になります。 持ち歩きます たとえば、そこから他の同様のソフトウェアに移動することもできます。 もちろん、これらのアプリケーションは通常、特定のタイプのデータをインポートおよびエクスポートするために、このタイプのファイルをサポートしていることを覚えておく必要があります。

正確には、KeePassでサポートされている形式は、次の数行で説明したいものです。 このようにして、この提案の使用を開始したり、別の提案に移行したりするのに問題はありません。 明らかに、これはすべてを維持しようとしています 保存されたパスワード 時間とともに。 このすべてのアイデアを与えるために、これらは互換性のある形式です KeePassにパスワードをインポートする .

  • CSV
  • TXT
  • KBD
  • XML

これに加えて、この提案は、パスワードマネージャーとしても機能する他の多くのプログラムと互換性があることを付け加えることができます。 したがって、現在存在するほとんどの代替手段からこの個人データをインポートする可能性があります。 このように、私たちがしたい場合 パスワードデータベースをエクスポートする 別のプログラムに、ここから次の形式でファイルを作成できます。

  • HTML
  • XML
  • CSV
  • TXT

もちろん、インポートとエクスポートの両方で選択したファイルの種類に応じて、保存されたデータの内部形式は変わります。 さらに、これらのプロセスでは、特定の小さなエラーを見つけることができます。 手動で修正する すべてのパスワードを確認するとき。