IPカメラが家を監視するために必要な機能

IP監視カメラ 家と会社の両方を保護するための非常に興味深いオプションです。 さまざまなタイプがありますが、目的は同じです。侵入者を検出し、何か奇妙なことがあれば警告します。 しかし、私たちは私たちが期待するものを満たし、本当に私たちに役立つものを選ばなければなりません。 ペットを監視する必要があるかもしれませんが、会社を泥棒から守るためにペットを保護したいのかもしれません。 ハードウェアとセキュリティの両方のセクションで何を考慮すべきかを見てみましょう。

IPカメラが家を監視するために必要な機能

IPカメラのハードウェア仕様

まず、主な仕様についてお話します。 ハードウェアレベルで 。 価格帯が非常に広いIPカメラがあるため、ここでは多くの違いがあります。 あなたは€20-30から€300以上までそれらを見つけるでしょう。 必要なものに応じて、どちらかを選択します。

画像解像度

注目すべき主な機能の1080つは、画質です。 たとえば、480でHDで録画できるカメラは、XNUMXでしか録画できないカメラと同じではありません。 違いは驚くべきものであり、カメラが何のために必要かによって、どちらかを取得する必要があります。

今日の理想は、少なくとも フルHD1080p録画 。 これは、画質が高解像度であることを意味します。 特にズームが必要な場合は、より鮮明なビューが得られます。 一般的な飛行機でペットをコントロールし、すべてが正常であることを確認したいだけの場合は、実際にはそれよりも少ない価値があります。

接続性

もうXNUMXつの重要な要素は、監視カメラの接続性です。 経由で接続できますか イーサネットケーブル ? ワイヤレス接続は可能ですか? これらすべてを考慮に入れる必要があります。 おそらくあなたが探しているのは、カメラが経由して接続できることです Wi-Fi ルーターに接続し、このようにして他のコンピューターからアクセスしたり、他のデバイスにリンクしたりすることができます。

ワイヤレス接続のあるWi-Fiカメラの場合は、接続できる帯域も確認する必要があります。 通常は2.4GHz帯域に接続します。これは、実際には高速を必要とせず、ルーターから遠くに接続したときに最も安定性が高くなるためです。 ただし、デュアルバンドのものもあり、5GHzの周波数も使用できます。

Cámaradeseguridadparacasa

防水

これは主に、IPカメラを配置する場所によって異なります。 あなたが家の中にいるつもりなら、この点はおそらくあなたにとって重要ではありません。 誤って濡れない限り、防水加工は必要ありません。 一方、監視カメラを屋外、たとえばパティオに配置する場合は、この機能を備えていることが不可欠です。

ここでは、さまざまな認定があることを考慮に入れる必要があることを考慮に入れる必要があります。 完全防水なので、防水・防塵とは言えません。 少なくともIP66である必要があります 、豊富な水からカメラを保護することができます。 IP67の場合は、水没させることもできるため、さらに厳しい天候にも耐えることができます。

記録角度または動き

記録角度は、監視カメラのもうXNUMXつの重要なハードウェア機能です。 それは多かれ少なかれ広い画像をキャプチャする機能になります。 フレーミングが非常に限られているものもあります。これは、ドアなどの特定の領域のみを記録する場合に理想的ですが、広角でより多くをキャプチャできるものもあります。

さらに、一部のデバイスには ビルトインモーション 。 必要に応じて、カメラを横向きにすることができます。 これにより、大きなスペースを記録するためのさらに大きな容量が得られます。 たとえば、動物を記録していて、それが別の場所に配置されている場合に非常に便利です。

セキュリティ機能

カメラが持っているハードウェア仕様を超えて、あなたはまた焦点を合わせる必要があります security 。 結局のところ、これは私たちが家や会社を保護するために使用するデバイスです。 便利なさまざまな機能を備えていることが重要です。

モーション検知

IPカメラの重要なセキュリティ機能はモーション検知です。 それは基本的にそれが行くことを意味します 奇妙な動きを検出する 部屋またはデバイスが配置されている場所。 たとえば、泥棒が入った場合、ドアが開いた場合、ペットがいる場所を離れた場合などです。

その動きの検出はリアルタイムで行われるため、すぐに対応できます。 何かおかしなことがあれば警告を発します。 たとえば、携帯電話へのメッセージ、アプリケーションを介した通知など。何が起こっているかを確認し、強盗が試みられた場合に警察に電話をかけることができるようにするための簡単な方法。

双方向オーディオ

また、購入するWi-Fiカメラに双方向オーディオがあるかどうかも確認する必要があります。 別です セキュリティの面で興味深い要素 、設置した場所で何が起こっているのかを聞くことができますが、反対側からの通信や警報信号の発信なども可能です。

ペットケアの場合にも非常に便利です。 たとえば、犬が吠えるかどうかを聞くことができます。 しかし、それはまた、家やオフィスのセキュリティにも特に適しています。 疑わしい音を検出し、最短時間で行動することができます。

クラウドレコーディング

一定時間の記録を可能にするウェブカメラのモデルがあり、 クラウドに保存する 。 これは、不在中に何が起こったのかを知りたい場合、強盗があり、警察の証拠が必要な場合、またはビデオにアクセスする必要がある状況で役立ちます。

通常、IPカメラには SDカード 録音を保存します。 ただし、他のモデルもクラウドに保存するため、どこからでもコンテンツにアクセスできます。

モバイルからの制御

アクセスできるのも面白いです モバイルからの監視ウェブカメラ 。 これにより、カメラの移動、録画の停止、音声の発信など、より高度な制御が可能になります。このように、インターネット接続のみが必要になるため、どこからでも制御できるようになります。

ますます多くのモデルがこの機能を備えています。 アプリケーションから簡単に必要なものをすべて見つけることができ、たとえば、カメラがある場所に物理的にいて、メモリカードをコンピュータに挿入する必要はありません。

夜間視力

暗視が必要ですか? これは、IPカメラを購入するときに興味深いもうXNUMXつのセキュリティ機能です。 これにより、次のことが可能になります 夜の記録 照明がなくても自宅やオフィスを監視できます。 そのWi-Fiカメラの目的が24日XNUMX時間建物を保護することである場合、非常に便利です。

現在、すべてのカメラが夜間に同じものを記録するわけではありません。 それが機能できる距離を観察することが重要です。 わずか10メートルから50メートル以上あります。それはあなたがそれを置くつもりである場所とあなたが持っているニーズに依存します。

要するに、これらはあなたが家や会社を監視するためにIPカメラを購入しようとしているならあなたが観察しなければならない主な特徴です。 ハードウェアレベルでいくつかの仕様を示しましたが、セキュリティに焦点を当てた仕様もあります。 さまざまなオプションを利用できます。