Vi、Linux 用ターミナル テキスト エディター: 完全なチュートリアル

Vi は、多くの開発者が使用するテキスト エディタです。 コードを書く、 インターフェースがないため、あらゆる種類の注意散漫を回避し、ユーザーがすべての注意をコードに集中できるようにします。 ただし、それを最大限に活用したい場合は、コードまたは書かれたテキストと対話する一連のコマンドを知る必要があります。

アプリケーションを初めて実行すると、ユーザー インターフェイスが表示されます。ウィンドウが XNUMX つしかないユーザー インターフェイスと、現在強調表示されているカーソル位置と、先頭に ~ 文字が付いたテキスト行が表示されます。 下部には、ファイル名と文字数が表示されます。

Vi、Linux 用ターミナル テキスト エディタ

vi コマンド

このエディタには、次の XNUMX つの操作方法があります。 編集/挿入モード and コマンドモード . 編集モードは、その名前が示すように、作成済みのドキュメントにテキストまたはコードの行を追加または編集できます。 検索することはできません。

コマンド モードでは、テキストをスクロールして、コードやテキストの行を変更したり、検索を実行したりできます。 これは、Vi を開くたびに実行されるモードです。 Vi の XNUMX つのモードを切り替えるには、Esc キーを押すだけです。

Vi を使用する際に留意すべきもう XNUMX つの重要な点は、Vi がどのように機能するかです。 ファイルを編集するとき、変更はファイルに直接加えられるのではなく、デバイスのメモリに自動的に作成されるドキュメントのコピーに保存されます。 これらの変更は、メモリに保存されているコンテンツを保存するときにのみ保存されます。

コマンドモードでの Vi コマンド (冗長性を許してください) は、一般的に構成されています。 XNUMX 文字または XNUMX 文字と数字 . これらのコマンドを使用するには、まずコロン (:) を入力し、場合によっては Enter キーを押して実行する必要があります。

次に、このコード エディターを最大限に活用できる最も一般的な Vi コマンドを紹介します。 挿入モードとコマンド モードを切り替えるには、Esc キーを押す必要があることを覚えておく必要があります。

ファイルをスクロールする

デバイス自体から Vi を使用すると、矢印キーを使用してドキュメントをスクロールできます。 そうでない場合は、次のコマンド/文字を使用できます

  • h カーソルを右に移動します。 別のオプションは、キーボードのバックスペース キーを使用することです。
  • He カーソルを左に移動します。 スペースキーも使えます。
  • j カーソルを一番上の行に移動します。
  • k カーソルを一番下の行に移動します。
  • w カーソルの後にある単語間を移動します。
  • b カーソルの前にある単語間を移動できます。
  • e カーソルを単語の末尾に移動します。
  • ^ カーソルがある行の先頭にカーソルを移動します
  • $ カーソルがある行の末尾にカーソルを移動します
  • 入力します カーソルを次の行に移動します。
  • H ビューを一番上までスクロールします。
  • L 最後の行を表示します
  • M ファイルの途中に移動します。

テキストを変更する

文字、単語、または完全な行 Vi を変更する場合は、次のコマンドを使用する必要があります。

  • s カーソルが置かれている文字を置き換えます。
  • r カーソルが置かれている文字を置き換えます。
  • cw 別の単語に置き換えたい単語の先頭に。
  • cc テキストを置き換えたい行の先頭に。
  • 行を分割する 、カーソルを分割したい位置に移動し、Rキーを押してEnterします。
  • XNUMX つの線を結合する XNUMX つにするには、カーソルを上の行の最後に移動し、J キーを押します。

テキストを挿入

カーソルの前後、または行の先頭と末尾にテキストを挿入する場合、使用する必要があるコマンドは次のとおりです。

  • I カーソルのある行の先頭にテキストを挿入する
  • A カーソル行の最後にテキストを挿入します。
  • i カーソルの前にテキストを挿入する
  • a カーソルの後にテキストを挿入します。
  • または、カーソル位置の上に行を挿入します。
  • または、カーソル位置の下に新しい行を挿入します。

テキストを消去

Vi では、これらのコマンドで文字と行を削除できます

  • x カーソルの後の文字を削除します。
  • X カーソルの前にある文字を削除します。
  • dw は、カーソルの後の単語を削除します。
  • dd カーソルのある行全体を削除します。
  • D カーソルの右側の残りの行を削除します。
  • d0 カーソルの左側の行の内容を削除します。
  • dG カーソル位置からすべての行を削除します。
  • d1G 上からカーソル位置までの行を削除します。

コピー、切り取り、貼り付け

XNUMX 行または複数行をコピーするには、最初の行の先頭にカーソルを置き、コマンドを記述する必要があります。 y2y カーソルの直後にある 2 行のテキストをコピーします。 XNUMX をコピーする行数に置き換える必要があります。

代わりに、複数の行を切り取り、それらを移動したい場合は、 d2d コマンドを使用して、カーソル位置で次の 2 行をカットします。 それ以上の行がある場合は、XNUMX をカットする行数に置き換える必要があります。

コピーした行を貼り付けるには、貼り付けたい位置にカーソルを置き、 p カーソルの後に貼り付けるか、 P カーソル位置の前に貼り付けます。

検索して置換

vi ファイルを検索する場合は、シンボルを使用する必要があります。 / 続いてテキスト を検索して Enter キーを押します。 ドキュメントに検索条件に一致する結果が複数含まれている場合は、 n 次の一致にアクセスするためのキーまたは N 前の試合に戻ります。

コードを書いている場合に単語または文字列を置き換えるには、次のコマンドを使用します

:g/text-what-we-search/s//置換するテキスト/g

変更を元に戻します

ファイルに加えた変更を保存していない限り、使用して変更を元に戻すことができます。

  • u 最後に実行したコマンドを元に戻します。
  • U XNUMX行で行ったすべての変更を元に戻すため、変更を元に戻したい行で実行する必要があります。

XNUMX つの vi ファイルをマージする

Vi エディタでは、コマンドを使用して XNUMX つのファイルを XNUMX つに結合することもできます。 そのためには、別のファイルのコンテンツを追加する位置にカーソルを置き、次のコマンドを使用する必要があります。

:#r 結合したいファイル名

ファイルを保存する

上で述べたように、Vi ファイルへのすべての変更はメモリに保存されます。 そこから、次のコマンドを使用して変更をファイルに転送する必要があります。

  • w ファイル名 すべての変更を、設定した名前のファイルに保存します。
  • w 変更をファイルに保存します。
  • wq 変更を保存してエディターを閉じます。
  • 何! 変更を保存せずにエディターを閉じる