Apple デバイスで AirDrop 名をカスタマイズするための究極ガイド

AirDrop は、 Apple Apple デバイス間でファイルをワイヤレスで転送できるシームレスな機能が高く評価されています。その便利さにもかかわらず、AirDrop 経由でファイルを転送するたびにデバイスの公開名が明らかになることには注意することが重要です。プライバシーや識別を強化するためにこの名前を調整する方法に興味がある場合は、以下のガイドに従ってください。

AirDrop 名をカスタマイズする方法

エアドロップ iphone 12

AirDrop 名をカスタマイズすると、他の人に自分を認識しやすくなるだけでなく、別の名前を使用できるようになり、プライバシーのニーズにも応えられます。識別を容易にするためでも、プライバシー上の懸念からでも、さまざまな Apple デバイス間でデバイス名を変更する方法は次のとおりです。

iPhone および iPad ユーザーの場合:

  • iOS 16以降:
    • 「設定」に移動し、「一般」、「バージョン情報」の順に選択します。
    • 「名前」をタップし、好みの AirDrop 名を入力します。この名前はデバイスの一般名としても機能します。
    • [完了]を選択して確認します。
  • iOS 15 以前:
    • 連絡先アプリを開き、連絡先カードを選択します。
    • 「編集」をタップし、名前フィールドに希望の名前を入力します。
    • 変更を保存します。

Mac ユーザー:

  • Apple アイコンをクリックし、[システム設定] を選択して、[共有] に移動します。
  • 「ローカルホスト名」フィールドに希望の AirDrop 名を入力します。

AirDrop 名の変更のトラブルシューティング

AirDrop 名がすぐに更新されない場合は、デバイスを再起動するか、ソフトウェアの更新を確認することを検討してください。利用可能なアップデートをインストールすると、AirDrop 名の変更に関連するほとんどの問題を解決できます。

AirDrop の可視性の管理

AirDrop の公開設定は、プライバシーとセキュリティの両方を維持するために重要です。現在の環境に基づいて、AirDrop の受信設定を「連絡先のみ」または「全員」に調整します。公共の場では「連絡先のみ」を選択すると、迷惑ファイルの受信を避けることができます。さらに、使用していないときにコントロール センターから AirDrop をオフにすると、バッテリー寿命を節約し、プライバシーを保護できます。

AirDrop 名をカスタマイズすると、Apple エコシステム内でのファイル共有エクスペリエンスが強化され、必要に応じてデバイスの識別が容易になったり、よりプライベートになったりするようになります。