Windowsを準備し、最高のWiFiを利用するための秘訣

今日、良好なワイヤレス接続が不可欠です。 ケーブルを使わずに接続するデバイスが増えています。 ただし、信号の品質が良くなく、許容可能な速度に達しない場合や、カットが表示される場合もあります。 この記事では、いくつかの興味深いトリックを提供します prepare Windows したがって、 最良の 無線LAN 接続 問題を回避します。

WindowsでWiFiを改善するためのヒント

Windowsを準備し、最高のWiFiを利用するための秘訣

間違いなく、Windowsは、インターネットを閲覧するためにデスクトップコンピュータで最も使用されているオペレーティングシステムです。 これは、ネットワークが可能な限り機能するように、常にすべてを制御する必要があることを意味します。 いくつかの小さな変更を加えるか、特定のヒントを考慮するだけで、達成できるようになります 速度と信号品質の向上 .

Wi-Fiカードを更新する

常に最初に確認する必要があるのは、 WiFiネットワークカードが更新されました 正しく。 これは、最高のパフォーマンスを実現し、接続の操作とセキュリティを危険にさらす可能性のある脆弱性を修正できるようにするために不可欠です。

Windowsで更新するには、[スタート]、[デバイスマネージャー]、[デバイスマネージャー]の順に移動する必要があります。 ネットワーク アダプタとそこから対応するカードを選択します。この場合はワイヤレスカードです。 XNUMX番目のマウスボタンをクリックして、[ドライバの更新]をクリックする必要があります。

実際のtarjetaen Windows 11

常にWindowsを良好な状態に保つ

良好なインターネット接続を実現するには、常にWindowsを良好な状態に保つことが重要です。 これは、脅威がなく、すべての改善を利用するように更新されていることを意味します。 したがって、あなたはあなたが持っていることを確認する必要があります 良いアンチウイルス これは、脅威を検出し、存在する可能性のあるマルウェアを排除するのに役立ちます。 良いオプションはWindows独自のウイルス対策ですが、他にもたくさんあります。

また、常に持っていることを確認する必要があります 最新バージョンがインストールされています ワイヤレスネットワークに影響を与える競合を回避するため。 これを行うには、[スタート]に移動し、[設定]と入力して、[WindowsUpdate]に移動する必要があります。 利用可能な場合はいつでもインストールする必要がある可能性のある新しいバージョンが表示されます。

Windows11を更新する

接続に影響を与えるプログラムは避けてください

覚えておくべきもうXNUMXつのポイントは、インターネット接続に影響を与える可能性のあるアプリケーションを避ける必要があるということです。 たとえば、 ファイアウォール それはうまく機能せず、速度をブロックまたは制限する可能性があります。 VPN うまく機能せず、WiFiの適切な機能を妨げるアプリケーション。

セキュリティアプリケーションなど、このタイプのアプリケーションを使用する場合は常に、それらが正しく機能し、保証されていることを確認する必要があります。 この方法でのみ、ネットワークの速度が本当に適切であり、速度の問題や切断なしに接続できることが達成されます。

最高のバンドを選ぶ

あるWiFi帯域または別の帯域を使用すると、品質と速度に大きな違いが生じる可能性があります。 間違ったものに接続すると、トラブルに巻き込まれる可能性があります。 したがって、次のいずれかを選択する必要があります 2.4 GHzおよび5 GHz Windowsからワイヤレスネットワークに接続するときはいつでも。

基本的には、5 GHz帯域が最高速度を提供する帯域であると言えますが、距離や考えられる障害物に対してより敏感です。 ルーターの非常に近くに接続するのが理想的ですが、遠くにある場合はお勧めできません。 一方、2.4 GHzを使用すると、速度は低下しますが、遠くから接続できます。 もちろん、ネットワークカードがデュアルバンドであるかどうかを知っておく必要があります。

DNSを変更する

変更のトリックを試すこともできます DNS サーバ 。 通常、オペレーター自身が提供するものを使用しますが、それが常に最良の解決策であるとは限りません。 GoogleやCloudflareなどの他のユーザーに変更すると、接続が大幅に改善される可能性があります。

WindowsでDNSを変更するには、[スタート]に移動し、[設定]、[ネットワークとインターネット]、[ネットワークの詳細設定]、[その他のネットワークアダプターオプション]の順に入力して、対応するネットワークを選択する必要があります。 4番目のボタンである[プロパティ]、[インターネットプロトコルバージョンXNUMX]、および[プロパティ]をもう一度クリックして、対応するDNSをそこに配置する必要があります。

つまり、これらのヒントに従うことで、WindowsのWiFi接続を改善し、速度を上げてカットを減らすことができます。 これらは、実行して、ブラウジング時に発生する可能性のある問題が解消されるかどうかを確認できる簡単な手順です。