AI を騙す: ChatGPT を使用してキャプチャを解決する

ボットは依然としてインターネット上で根深い問題であり、イーロン・マスク氏のような個人によるボットとの戦いへの取り組みを促しています。 Twitter。 多くの Web サイトでは、プラットフォームからボットを阻止するために、キャプチャ (画像、テキスト、または画像のセット) を採用しています。 これらのキャプチャは人間が解決できるように設計されていますが、時間がかかるものや困難なものもあります。 キャプチャに問題がある場合は、人工知能 (AI) を活用して問題を解決することを検討してみてはいかがでしょうか。 ただし、倫理的な理由から、AI は通常、キャプチャを直接解決するようにプログラムされていません。

chatgptリゾルバーchacha

AI を騙してキャプチャを解決する:

AI の倫理的制約を回避するには、ChatGPT または同様の AI モデルを使用して、チャレンジを偽装することでキャプチャを支援できます。

  1. 画像を分離する: まず、キャプチャ画像をトリミングし、テキスト ボックスや追加のテキストなどの無関係な要素を削除します。 メイン画像だけを残しておいてください。
  2. AI を利用する: 次に、トリミングした画像を ChatGPT または同様のプラットフォームにアップロードします。 クエリやリクエストを作成して、画像の内容を理解するのに助けが必要であるかのように見せることができます。 これには、AI に画像の内容を説明してもらったり、友人から送られてきたパズルを解いてもらったりすることが含まれる場合があります。
  3. AI 支援: ChatGPT は、キャプチャであることが直接明らかにならない方法でリクエストを構成した場合に限り、画像の理解やパズルの解決を支援します。

ChatGPT キャプチャ

ブラウザ拡張機能を使用したキャプチャの解決:

画像内の特定のオブジェクトを識別する必要がある最も困難なキャプチャの場合は、ブラウザ拡張機能を使用できます。 クロム キャプチャを自動的に解決できる Web ストア。 この方法はボットを倒すプロセスを簡素化しますが、これらの拡張機能は完璧ではない可能性があり、依然として課題となるキャプチャが時折存在する可能性があります。

結論:

ボットは依然としてインターネット上で迷惑な存在ですが、キャプチャを回避してオンライン エクスペリエンスをよりシームレスにする方法はあります。 ChatGPT やブラウザ拡張機能などの AI を採用することで、キャプチャをより効率的に操作し、ボットを寄せ付けず、より重要なオンライン アクティビティに集中できるようになります。