このChromeサインは、ウェブのセキュリティを示しています

しばらくの間、そして主にブラウザのおかげで、私たちは毎日膨大な数のWebページにアクセスしています。 ここには、あらゆる種類のコンテンツ、アプリケーション、プラットフォームがあります。 しかし、すべての場合において、セキュリティは、次のようなプログラムの開発者にとって重要な要素です。 クロム, エッジ or Firefoxの 世話をする必要があります。

ブラウジング時に時々発生するリスクを認識しているため、攻撃者は複数のルートを使用してうろついています。 そのため、ブラウザには対応するものが必要です セキュリティとプライバシー対策 これをすべて避けようとします。 原則として、これらすべてのパラメーターを構成して、プログラムの使用に応じてさまざまなレベルのセキュリティを確立できます。

このChromeサインは、ウェブのセキュリティを示しています

インターネットブラウザは、ネットワークへの接続方法であるだけでなく、 特定のコンテンツのフィルターとして機能します 。 通常、私たちはあらゆる種類のWebページを移動しますが、それらが提供するセキュリティに注意を払わない場合もあります。 グーグルクロームのようなプログラムがこの点で助けとして私たちに一連の指標と信号を提供するという事実にもかかわらず、これすべて。

グーグルブラウザで悪意のあるウェブページを一目で検出する方法を知らない方のために、私たちはあなたを助けるつもりです。 新しいURLに接続するたびに、プログラム自体が私たちに通知することを知っているのは興味深いことです 訪問するサイトのセキュリティレベル 。 少し注意すれば、潜在的に危険であると考えられるページを最初の瞬間から検出することができます。

私たちがあなたに言うこれらすべてを達成するために、私たちは少しだけ注意を払う必要があります アドレスバーの左側 .

これは、Chromeが危険なウェブサイトに警告する方法です

具体的には、通常Webサイトのアドレスを入力するバーの左側を見ると、 3つの異なるアイコンを見つけることができます。 これらは、南京錠、文字iの付いた円、または危険三角形のいずれかで表されます。 アクセスするそのページで使用されるプロトコルとコンテンツに応じて、GoogleChromeは何らかの信号を表示します。

ティポコネクシオンクローム

Chromeのアドレスバーにある各アイコンについて詳しく説明するのは、まさにこのためです。

  • 南京錠 :この最初のオプションは、私たちが実行しているという事実を指します 安全な接続 。 これは、ここで送受信する情報とデータが非公開になることを意味します。 すべてを含め、オンラインで共有する機密情報に注意する必要があります。
  • 文字iで丸で囲みます :このアイコンが見つかった場合は、予防策を講じる必要があります。 これは、このWebサイトがプライベート接続を使用していないことを意味します。 したがって、悪意のあるユーザーは、送受信された情報を表示または変更する可能性があります。 このようにマークされた一部のWebサイトでは、http://をhttps://に手動で変更してみることができます。
  • 赤い三角形 :Chrome自体が明確にしているように、この記号でマークされたWebサイトは避けるべきものです。 少なくとも、個人情報や個人情報を使用しないこと、可能であればWebをまったく使用しないことをお勧めします。 そしてそれは ここでの接続には重大な欠陥があります .