目に見えない危険: モバイル画面を掃除するとどのように損傷するか

一見壊れにくい画面を備えた最高級の携帯電話に投資したとしても、気付かないうちにデバイスにダメージを与える可能性のある日常の習慣が XNUMX つあります。 この操作により、特にデバイスの画面が最も弾力性がない場合や数年前のものの場合、傷、見苦しい跡、磨耗、さらには画面の破損につながる可能性があります。

問題の犯人は、不注意で危害を引き起こす可能性のある製品や素材を使ってモバイル画面を掃除していることです。 汚れ、グリース、ほこりが蓄積してユーザーエクスペリエンスに影響を与える可能性があるため、画面の清掃を完全に避けることはお勧めできませんが、何をしてはいけないかを知ることが重要です。

間違った方法で携帯電話を掃除する

不適切な製品やツールを使用してモバイル画面を掃除すると、悲惨な結果につながる可能性があります。 他の人がそうしているのを見たり、そのようなアドバイスを受けたりしたことがあるかもしれませんが、あなたの画面はこの習慣によってひっそりと被害を受けている可能性があります。 特定の製品を使ってモバイル画面を掃除するのが間違いである理由は次のとおりです。

スマートフォンを掃除して

洗浄剤の選択:

ベストプラクティスは、マイクロファイバーなどの柔らかく糸くずの出ない布、または 70% アルコールを含む消毒用ワイプを使用することです。 他の目的で使用されたワイプや、十分に柔らかく、清潔で、優しくない布の使用は避けてください。 タオル、ペーパータオル、粗い布などの粗い素材を使用すると、モバイル画面のコーティングが損傷したり、ガラスに傷がついたりする可能性があります。

水の使用:

水ベースのクリーニング方法を選択する場合は、布を湿らせて、デバイスに直接水をかけないようにすることが重要です。 きれいな、できれば蒸留水を使用することが理想的です。 純粋なアルコールや腐食性溶液を使用すると有害になる可能性があるため、モバイル画面用に特別に設計されていない洗浄液は避けてください。 ガラスクリーナー、酢、石鹸、漂白剤、グリースリムーバー、アンモニア、マニキュア除光液、または同様の製品を携帯電話の画面に使用しないでください。

プレッシャーと注意:

携帯電話の画面は慎重に掃除し、過剰な圧力や損傷する可能性のある行為を避けてください。 携帯電話の画面の交換には費用がかかるため、最適なモバイル エクスペリエンスを実現するには画面を良好な状態に維持することが不可欠であることに注意してください。

新しい洗浄方法を検討するときは常に慎重を期し、特定の洗浄製品について不明な点がある場合は専門家または信頼できる情報源に相談してください。 安全な清掃方法に従って携帯電話の画面を潜在的な危害から保護し、デバイスを新品の状態に保ちます。