Androidモバイルをroot化するリスク

携帯電話 ますます特別で印象的な機能 特徴、 これらはさらに絞られるかもしれませんが。 これを行うXNUMXつの方法は、 ルート 私たちのデバイス、まったく新しいものではないオプション。

このプロセスは、取得に基づいています パーミッション ターミナルの任意のプロパティにアクセスします。 このように、変更することが可能です 構成 メーカーによって確立され、さらなる調整を必要とせずに、より優れたパフォーマンスを実現します。 可能性は事実上無限です。オペレーティングシステムを変更したり、コンポーネントをさらに活用したり、工場でインストールされたソフトウェアを削除したりすることもできます。 しかし、何ですか リスク このすべてに関与していますか?

Androidモバイルをroot化するリスク

保証にさようなら

スマートフォンをroot化すると、いくつかの問題が発生する可能性がありますが、最初の問題は 手順を開始するとすぐに発生します そしてそれは修復不可能になるでしょう保証の喪失です。 これは、後であなたの携帯電話が何らかの種類の損傷を受けた場合、メーカーはそれを完全に無視し、あなたは何もすることができないことを意味します。

行動する前に考える

仕事に取り掛かる前に、あなたは適切に考えるのをやめるべきです 変更する予定の設定 。 最初に覚えておくべきことは、スマートフォンをルート化するとき、さまざまなことです セキュリティ- 関連する機能が表示されなくなります。

Rootdeteléfono

しかし、それだけでなく、エラーが発生すると、システムに損傷を与える可能性があります。 ターミナルをクラッシュさせる 完全に機能しなくなります。 このため、システムに組み込まれているファイルを削除する必要はありません。 また、ダウンロードするROMにも注意してください。互換性がない場合、操作上の問題が発生する可能性があります。

手動更新

モバイルを応援するという事実は、あらゆる種類のさまざまなアップデートを意味します 自動的に到着しません 、セキュリティのため、または特定の問題を修正するために、誰もしません。

これは、あなたが自分でそれを世話する人でなければならないことを意味します、それは可能性があります やや複雑な作業 あなたが問題をあまりコントロールしていない場合。

アプリのブロック

予想通り、アプリケーション開発者とGoogle自体は、モバイルのルート化について考えてほしくないのです。 このため、一部のアプリケーションは アクセスを拒否します あなたがプロセスを実行する場合。

Bloqueo en Android

アプリをブロックする主な理由は システムセキュリティの向上 。 グーグル自体をだますことによってそれらの禁止を回避する特定の方法がありますが。

価値?

現在、ほとんどのデバイスには 多数のツール 私たちのスマートフォンをパーソナライズするために、そして比較的低価格のものでさえ、許容できる以上の特性を提供します。

したがって、これらのリスクは取る価値がないかもしれません。 の到着とともに Android 12、 可能性の範囲 さらに拡張します。 それはあなたの電話をroot化する時ではないかもしれません。