LGモバイルをオンにするために問題を解決します

スマートフォンで発生する可能性のあるすべての問題の中で、他の問題よりも深刻な問題がいくつかあります。 今日は、最も厄介なもののXNUMXつについて説明します。これは、電話をオンにするときに問題が発生した場合と関係があります。 このために、私たちは見なければなりません 問題 in LG 携帯電話 そしてそれらをどのように解決できるか。

同社のデバイスには、電源投入に関する問題の長い歴史があります。 の事実が LGモバイルをオフにできない やや煩わしいかもしれませんが、それをオンにできないことがおそらくより大きな問題であることは明らかです。 ただし、デバイスの起動に関しては、通常、原因は同じ理由に関連しているため、どちらの場合も解決策は同じです。

LGモバイルをオンにするために問題を解決します

モバイルを復活させてみてください

何をすべきかよくわからない場合は、一連のヒントをお勧めします。 LGモバイルをオンにするためのトリック それはオンにしたくないです。 このように、解決策を提供する方法が見つかるまで、これらの各方法を試すだけで済みます。

ボタンを長く押し続けます

これは最初のソリューションであり、通常、ほとんどの場合に最良の結果をもたらします。 システムがクラッシュし、応答しない可能性があります 、そのため、通常どおりオンまたはオフにすることはできません。 これを解決するには、モバイルがオフになるまで、電源ボタンをしっかりと押したまま、約10秒間離さないようにする必要があります。

セリエLG K

電源に接続します

次のテストでは、モバイルを壁の充電器に接続し、1〜2分待つ必要があります。 LEDが黄色または赤色に点灯している場合は、デバイスの電源を再度オンにしてみてください。 XNUMX〜XNUMX分経ってもLEDが点灯しない場合は、 充電器を別のコンセントに移動します 問題が通常のコンセントにないことを確認します。

障害はその特定のプラグである可能性があるため、家の他の電源コンセントを試すこともお勧めします。 あなたもしようとすることができます LGモバイルをコンピューターに接続します .

充電器を交換してください

通常とは別の充電器を使用している場合、充電が正しく行われていない可能性があります。 私たちの携帯電話にバッテリーがない場合、そして 充電器は十分な電圧を提供しません、 オンにすることはできません。 LGが電話ボックスに提供してくれたアダプターとケーブルで充電してみなければなりません。

カルガドールlg

強制的に電源を入れます

それでも端末の電源をオンにできない場合は、ブランド自体が次の方法を使用することをお勧めします。電話を電源に接続し、電源ボタンとXNUMXつの音量ボタンを同時に押し続けます。 私たちはそれらをXNUMX〜XNUMX分間押し続けなければなりません LGモバイルをオンにする .

バッテリーを取り出します

ますます少なくなっていますが、取り外し可能なバッテリーを搭載したLGスマートフォンが数多く流通しており、LG K8(2018)など、このタイプのモデルがさらに最近発売されています。 この場合、もう少し「ゲーム」を行うことができます モバイルをオフまたはオンにしてみてください .

削除された場合は削除してください

この場合、シャットダウンは保証されます。 それを取り除くことによって、私たちのターミナルのボード 電流を受け取らず、すぐにオフになります 。 それを元に戻し、デバイスの電源を入れるだけです。 それでも電源が入らない場合は、モバイルバッテリーが機能していない可能性があります。

オフになっていて、オンになりません

なんとかオフにできたら、 LGモバイルがオンにならない 、問題はXNUMXつの考えられる原因に分けることができます。

  • 悪い –この場合、最善の方法は チェックはバッテリーを調べることです 。 膨らんでいる場合は確かに破損しており、原因である可能性があります。 損傷したバッテリーはすぐに取り外す必要がありますが、問題を確認するために別のバッテリーを置くようにしてください。
  • 破損した電源ボタン :修理には技術者の助けが必要な場合があるため、よりトリッキーなケースです。 私たちの手では、指を傷つけないように、電源ボタンにさらに力を加えることができる物体で押すことです。 向きを変えてみてください 接触が不安定な場合に備えて、それをオンにします。 一部のデバイスは、充電器に接続するとオンになります。

lgバッテリー

シミュレートされた抽出

バッテリーを取り外すことができる携帯電話をお持ちでない場合は、デバイスが充電をサポートしているときにこのソリューションを選択できますが、LGをオンにすることはできません。

このプロセスは'として知られています シミュレートされたバッテリープル '、そしてそれは多くの場合私たちの電話を救うことができます。 ただし、デバイスに保存していたすべてのデータが完全に削除されることに注意する必要があります。

LGモバイルでこれを行うには、電源ボタンと音量を数秒間押し続ける必要があります。 電話機はスクリーンショットを撮り、約XNUMX秒後にカウントダウンが表示されます。 いずれかの時点でボタンを離すと、リセットはキャンセルされます。

自動的にオフになり、その後オンにならない場合

この場合、犯人の可能性も見つけることができます。 最初はバッテリーに関係していて、 LG K10の特定のモデルに影響します。 解決策は、携帯電話のケースを取り外してバッテリーを取り外すか、シミュレートされた抽出を行うことです。 次に、電源ボタンを20秒間押し続けて、残っている静電気を放電します。

取り外せる場合は、元に戻し、電源に接続して完全に充電します。 最後に、もう一度オンにしてみます。

何も機能していません…

一つ一つの解決策を試した後、私たちが解決しようとするためにやるべきことはほとんど残っていません LGモバイルのバッテリーの問題 。 この場合、ソフトウェア障害が発生した場合に備えて、端末をフォーマットする必要があります。 ただし、問題は画面にもあること、さらに悪いことに、端末ボードにもあることに注意してください。

LGをリセットする

通常の方法で電話の電源を入れることができないため、電源が入らない携帯電話をリセットするためのキーになる可能性のあるキーの組み合わせを使用する必要があります。 もちろん、スマートフォンのすべてのデータが消去されることを知っておく必要があります。これは、スマートフォンが工場から削除されたばかりのように残るためです。

これを実現するには、音量小キーと電源キーを同時に押し続ける必要があります。 LGのロゴが表示されるまで待ちます。直後に、音量キーを離さずに電源キーを離します。

ファクトリーリセットlg

次に、音量小キーを使用して下にスクロールし、「」を選択します データ削除/工場出荷時設定への初期化 '。 このオプションを選択するには、電源キーを押してから、[はい]をクリックして確定する必要があります。

画面障害

この場合、私たちを迷わせる可能性のあるもうXNUMXつの大きな問題は、 LG画面がオンにならない 。 したがって、端末が何らかの音を発する場合、それはパネルであることを意味します。 ソフトウェアの不具合の可能性もあるため、ダッシュボードが表示されない場合でも電話をリセットする方法を説明します。

pantallamóvilLG

次に、前のセクションの手順に従い、スマートフォンの電源がオンになるのが聞こえたらボタンを押すのをやめます。 次に、音量小キーをXNUMX回押して、電源ボタンで操作を確認します。 さらに、'のオプション いいえ 'と' あり 'はターミナルに表示されますが、表示されないため、音量小キーをXNUMX回押してから、もう一度電源キーを押す必要があります。

焦げたプレート

モバイルをオンにできない場合は、 その問題が原因である マザーボード 。 LGG4のようないくつかの古いモデルは世界中でこの問題を抱えていました。 したがって、障害がソフトウェアではなくハードウェアであるということを排除するべきではありません。 もしそうなら、保証はプレートよりも死んでしまい、変更はほぼ確実に価値がありません。