マイクロソフトは、タスクバーでどの機能がWindows11を失うかを確認します

マイクロソフトは、タスクバーでどの機能がWindows11を失うかを確認します

ソフトウェアは常に良くなり、悪くなることはないはずですが、 マイクロソフト ユーザーを混乱させ怒らせる機能を任意に削除して配置することを好み、同じことを気にかけているようです。 に導入された事実上すべての新しい変更 タスクバー in Windows 11 多くの機能が失われているため、悪化しています。 今、会社は私たちが失うことになることをすべて確認しました、そして私たちは回復することができないでしょう。

Windows 11は、視覚的にも使いやすさの観点からも、多くの新機能を導入する予定です。 DirectStorage、 自動HDR 、設定メニュー より多くの機能またはパフォーマンスの向上を ハイブリッドCPU or Android アプリケーション ネイティブに実行することは、システムで見られる何百もの変更の中で最も重要なもののいくつかです。 ただし、Windows 11の厳格な最小要件を超えて、説明できない機能レベルの変更がいくつかあります。

それのために関数を削除します

たとえば、デスクトップを右クリックすると、 新しいコンテキストメニュー 、古いコンテキストメニューの要素を表示するには、もう一度クリックする必要があります。 次に、下のタスクバーを右クリックすると、バーの構成オプションやタスクマネージャーへの直接アクセスがなくなり、すべてが[構成]メニューに表示されます。

マイクロソフトは現在、 テストの最終段階 、そしておそらくXNUMX月中旬からRTMバージョンのテストを開始し、XNUMX月末にリリースする予定です。 このため、同社は大きな変更を加える予定はなく、一部の要素は現在のように、ユーザーとして受け取ったままになります。

そしてそれはマイクロソフト自身がそれを確認したということです タスクバー機能の喪失 意図的に行われており、ローンチのために修正することはありません。 会社が多くの批判を受けた場合、2022年にシステムでリリースするアップデートに変更を加える可能性があります。

同じことをするためのより多くの時間

したがって、私たちは持っていません 右クリックしたときのコンテキストメニュー 、 できない ファイルをドラッグする またはタスクバーまたは開いているプログラムへのアプリケーションであり、できません 要素のグループ化を解除 それらがバー全体を占めるように同じプログラムの。

これに、次のような新しい制限が追加されます。 議題に項目を追加する カレンダーのドロップダウンメニューから。 現在、11か月以内にタスクやリマインダーを追加できますが、Windows XNUMXでは、そのために完全なプログラムを開く必要があります。

別の方法として、Microsoftは カレンダーウィジェット カレンダーを表示するために、しかしそれは私たちがマイクロソフトアカウントのカレンダーを表示することだけを許可し、私たちが持っている他のものを表示することを許可しないことに加えて、役に立たない機能でカレンダーをいっぱいにします。

それだけでは不十分であるかのように、タスクバーの時計セクションではできません 時間の秒を見る 、Windows 10でアクティブ化できるものです。同社は、この場合、ユーザーからの苦情が殺到しているため、再導入を検討すると述べていますが、残念ながら、残りの機能ではサードパーティのソフトウェアをインストールする必要があります。 10で実装されるまで、Windows11を使用し続けます。