3つの簡単なステップで家庭用IPカメラをセットアップする方法

あなたが購入を考えているなら ホームIPカメラ 、またはすでに購入しているがまだインストールしていない場合は、にリンクするときに問題が発生する可能性があります。 無線LAN 無線ネットワーク。 ほとんどの家庭用カメラは、構成を大幅に容易にするためにワイヤレスですが、これにはマイナスの部分もあります。つまり、WiFiルーターで特定の設定が有効になっていると、リンクに問題が発生する可能性があります。 今日のこの記事では、XNUMXつの簡単なステップでIPカメラを構成する方法を説明します。

ルーターのWiFiネットワークを適切に構成する

3つの簡単なステップで家庭用IPカメラをセットアップする方法

数年間、Wi-Fi5またはWi-Fi6を備えた同時デュアルバンドルーターは、XNUMXつのシングルSSID(WiFiネットワーク名)をブロードキャストします。これは通常、«と呼ばれます。 スマートコネクト «。 これにより、XNUMXつの異なるネットワークが表示されないため、ユーザーは自宅のWiFiネットワークに簡単に接続できます。 ルーターは、 バンドステアリング機能 、これは、異なるデータに応じて、ワイヤレスクライアントを2.4GHzまたは5GHz帯域に配置することを意味します。

  • ワイヤレスクライアントが受信した信号。 遠すぎる場合や信号が弱い場合は、2.4GHzに接続します。 近づいて信号が強くなると、5GHzネットワークに接続します。
  • XNUMXつの周波数帯域で接続されているクライアントの数。
  • 2.4GHzまたは5GHz帯域に接続するためのWiFiクライアントのサポート。
  • 最大クライアント同期。低速のクライアントは2.4GHzで接続し、5GHzで接続する高速のクライアントを傷つけません。

この機能、 有効にすると、家庭用IPカメラに問題が発生する可能性があります 、通常は2.4GHz帯域しかサポートしていないためです。 カメラを接続するときに発生する可能性のある問題を回避するために、次の手順を実行することを強くお勧めします。

  • 非アクティブ化 スマートコネクト 機能。
  • 別のSSIDを設定する 2.4GHzおよび5GHz帯域用。

これが完了したら、変更が正しく適用され、両方のバンドに別々に接続できることを確認することをお勧めします。

位置情報サービスとBluetoothを有効にする

あなたが Android スマートフォン、絶対に必要です 位置情報サービス(GPS)を有効にする その場所を見つける IPカメラ そして、そのブランドの公式アプリでそれを構成することができます。 位置情報サービスを有効にしないと、カメラセットアップウィザードでエラーが発生する可能性があります。 場合によっては、以前に有効にしていない場合は、アプリケーション自体がスマートフォンでこの機能を有効にする必要があることをすでに通知します。

ブルートゥースの問題としての解決策

ニキビ後の跡が目立たないよう設計されており、さらにより少ない処方で効果的なものは Bluetoothを搭載したIPカメラのモデル 簡単かつ迅速に設定するために、知らないうちにBluetoothを搭載したIPカメラを購入した可能性があります。 このため、IPカメラのセットアッププロセスを開始する前にBluetoothも有効にすることをお勧めします。有効にしないと、ワイヤレスネットワークへのBluetoothの追加で問題が発生する可能性があります。

アプリをダウンロードし、インストールウィザードに従います

指定した構成でWiFiルーターを準備したら、ロケーションサービス(GPS)とBluetoothを有効にしました。カメラの公式アプリケーションをダウンロードし、スマートフォンにインストールして、インストールを開始します。ウィザード。 現在存在するすべてのカメラで、メーカーは Eメール アカウント、サービスに登録した後、ステップバイステップのインストールウィザードを使用してXNUMXつまたは複数のカメラを追加できます。

一般的に、これらの設置アシスタントは、カメラを電気に接続する方法を教えてくれます。また、事前の知識がなくても、段階的にガイドしてくれます。 ただし、以前に説明した内容、特にWiFiルーターとSmartConnect機能を教えてくれるウィザードがいくつかあります。

これらのXNUMXつの簡単な手順を実行することで、国内のIPカメラを問題なくインストールできることを願っています。