Mac の画面を起動したままにする方法: 継続使用のための簡単なガイド

あなたの様子に気づいたことはありますか? Mac 集中視聴中に画面が起動したままになる Netflix またはスクロールして YouTube 手動入力を必要とせずにビデオを作成できるでしょうか?このスマート機能は Mac オペレーティング システムのデフォルト設定の一部であり、視聴エクスペリエンスを向上させるために設計されています。ただし、ビデオを視聴するだけでなく、画面をアクティブにしておく必要がある場合もあります。

Mac の画面がスリープ状態にならないようにする方法

マックの電源を切る

Mac にアクティビティを通知しない長時間のソフトウェア レンダリング タスクに従事している場合でも、大きなファイルを中断せずにダウンロードしている場合でも、単に鮮やかな壁紙を楽しんでいる場合でも、画面がスリープ モードにならないようにすることは不可欠です。良いニュース?これらの設定の調整は簡単です。

画面設定へのアクセス

Mac の画面がスリープ状態になるのを防ぐには、システム設定に移動して「画面ロック」を選択するか、検索機能を使用してすばやくアクセスします。ここには、ニーズに合わせて画面の動作を調整するためのさまざまなオプションがあります。

カスタマイズオプション

画面設定内で、いつ画面をスリープ状態にするかを柔軟に決定できます。 Mac が接続されているときと接続されているときで異なる設定を指定できます。

バッテリーで動作し、必要に応じてエネルギー節約または継続使用を最適化します。さらに、スリープ モードからの復帰時にパスワード プロンプトを構成するとセキュリティが強化され、ロック画面にカスタム メッセージを追加することもできます。これは、デバイスを置き忘れた場合の回復に役立ちます。

画面のスリープ設定を管理すると、中断のないダウンロードやレンダリング プロセスなどの機能要件だけでなく、常時表示の表示の美しさに関する個人的な好みにも対応できます。

瞬時の変更

画面設定の変更は、保存や確認のアクションを必要とせずに、すぐに有効になります。これは、Mac をスリープ状態に保つために定期的に手動で介入する手間をかけずに、Mac を何時間も起動したままにすることができることを意味します。

まとめ

Mac の画面スリープ設定を理解してカスタマイズすると、実用的な目的でも個人的な好みでも、ユーザー エクスペリエンスを大幅に向上させることができます。この知識を身につけたら、必要に応じて自由に使用できます。このガイドは役に立ちましたか?生産性の向上に役立つ場合でも、単にお気に入りの壁紙を常に表示しておく場合でも、このヒントがあなたにとってどのような変化をもたらしたかをぜひお聞かせください。