WiFi ネットワークから不要なデバイスを特定してブロックする方法

インターネット速度の突然の低下やその他の接続の問題に気付いた場合は、不正なデバイスがインターネットに便乗している可能性があります。 無線LAN 通信網。ネットワークが安全で侵入者から解放されていることを確認することは、最適なインターネット パフォーマンスを維持するだけでなく、プライバシーと個人情報を保護するためにも重要です。

以下では、ネットワーク上のデバイスの検出と管理に役立つさまざまなツールについて説明します。

無線LANルータ

不正な WiFi アクセスを検出するための必須ツール

1. ワイヤレスネットワークウォッチャー

このユーザーフレンドリーなツールは、次の用途に特化して設計されています。 Windows ユーザー。 ワイヤレスネットワークウォッチャー は無料で、現在 WiFi ネットワークに接続されているすべてのデバイスを表示するのに効果的です。開発者の Web サイトからダウンロードしてファイルを実行し、[詳細] を選択してから [とにかく実行] を選択してセキュリティ プロンプトをバイパスするだけです。アプリケーションはネットワークをスキャンし、接続されているすべてのデバイスをリストし、見慣れないデバイスを見つけられるようにします。不明なデバイスが見つかった場合は、ルーター設定から直接 MAC アドレスによるアクセスを制限することで、ネットワークを保護できます。

2. 高度なIPスキャナー

ポータブルおよびインストール可能なアプリケーションの両方として利用可能です。 高度なIPスキャナー ネットワーク上のすべてのデバイスの明確かつ簡潔な概要を提供します。このツールは公式 Web サイトからダウンロードでき、無料で登録も必要ありません。クイック スキャンを起動すると、接続されている各デバイスに関する詳細情報が表示され、属していないデバイスを簡単に特定できます。

3. 怒っているIPスキャナ

オープンソース ソリューションを好む人にとっては、 怒っているIPスキャナ 素晴らしい選択です。 IP アドレスとシステム ポートをすばやくスキャンして、どれが占有されているか、どれが空いているかを明らかにします。データは生の形式で表示されますが、包括的なネットワーク スキャン機能に興味がある技術に精通したユーザーにとっては特に便利です。このツールを使用すると、あらゆる IP 範囲とそのポートのスキャンが可能になり、重要なネットワーク管理機能が提供されます。

4. Fing

Fing は、ネットワークに関する詳細な洞察を提供する、広く使用されているネットワーク管理ツールです。接続されているすべてのデバイスを識別するだけでなく、帯域幅の使用状況を監視し、新しいデバイスがネットワークに参加したときにアラートを送信します。ただし、Fing にはユーザー登録が必要ですが、収集されたデータが他の目的に使用される可能性があるため、プライバシーを懸念する人にとってはマイナス面になる可能性があります。

まとめ

WiFi ネットワークに誰がアクセスしているかを定期的に監視することは、インターネットのセキュリティを維持する上で重要なステップです。言及されたツール - ワイヤレス ネットワーク Watcher、Advanced IP Scanner、Angry IP Scanner、および Fing は、基本的な検出から高度なネットワーク管理まで、さまざまなニーズに合わせたさまざまな機能を提供します。ネットワークの安全性とパフォーマンスを維持するために、技術的な専門知識とセキュリティ要件に最も適したものを選択してください。