携帯電話やインターネット料金の不必要なコストを削減する方法」

特に電話やインターネットの請求書に組み込まれている場合、まったく使用しないサービスの料金を支払うのは非常に簡単です。毎月の明細を詳しく調べることで、これらの不必要な料金を特定して削除できるため、毎年大幅な金額を節約できる可能性があります。

予算への影響を知らずに支払っている可能性のある 4 つの一般的なサービスを次に示します。

オペレーターサービス

1. 固定電話の発信者番号通知

O2 などの一部のプロバイダーは発信者 ID を無料で提供しますが、Orange、Movistar、Vodafone などのプロバイダーは年間最大 24 ユーロの料金を請求します。固定電話の使用が減少していることを考慮すると、発信者番号通知のために毎月 2 ユーロを支払う価値はないかもしれません。固定電話で電話を受けることがほとんどない場合は、コストを削減するためにこのサービスを無効にすることを検討してください。

2. インターネットセキュリティサービス

インターネット セキュリティは非常に重要ですが、すでに十分な保護を備えている場合は、追加のサービスに不必要に料金を支払うことになる可能性があります。たとえば、Vodafone のセキュア ネットは標準料金に含まれない追加料金です。現在のセキュリティ対策を評価し、十分であれば、通信事業者の追加サービスをオプトアウトすることもできます。

3. プレミアムSMS購読

プレミアム SMS サービスは、Movistar Emoción のようなプランではメッセージあたり 50 セントから 24 ユーロの料金がかかり、高額な罠となる可能性があります。多くの場合、これらのサービスは明確な同意なしにアクティブ化され、予期しない料金が発生することがあります。そのようなサブスクリプションの請求書を定期的に確認し、必須でない場合はキャンセルしてください。

4. データと分のボーナス

追加のデータや分単位のパッケージを頻繁に購入する場合は、基本プランを再検討する時期が来ている可能性があります。これらのボーナスはいざというときに役立ちますが、多くの場合、割高な費用がかかります。時々発生するボーナスのコストと、より多くのデータと分数が含まれる上位プランの価格を比較すると、潜在的な節約額が明らかになる可能性があります。計画を調整すると、長期的にはより経済的になる可能性があります。

サブスクリプション サービスを管理するためのプロのヒント:

  • 請求書を定期的に確認する: 毎月の請求書を精査して、使用していないサービスを見つけることを習慣にしてください。
  • 自分の使用パターンを理解する: 通常使用するデータ量、分数、その他のサービスを把握しておくと、不必要な追加料金なしで最もコスト効率の高いプランを選択できます。
  • プロバイダーと交渉する: 現在のプランについては、遠慮なくサービスプロバイダーにお問い合わせください。プロモーションや、より適切なプランが提供される可能性があります。
  • アラートとキャップを活用する: 多くのサービス プロバイダーは、通常の使用量を超える前に警告したり、特定の種類の支出に制限を設けたりする設定を提供しています。

お金を払ったサービスについて注意深く積極的に行動することで、必要のないものや使用しないものにお金を無駄にしないようにすることができます。お金に見合った最高の価値を得るために、あなたのライフスタイルや用途に合った最も合理的なパッケージを常に目指してください。