どこからでもWi-Fiでインターネットに接続する方法

どこでもインターネットを利用できることは、ますます必要になっています。 ファイルの参照やダウンロードに使用するだけでなく、常に連絡を取り合うための手段でもあります。 また、場所を検索したり、データを表示したり、銀行カードを有効または無効にしたり、銀行カードで支払うことができるようにするためにも必要です。 しかし、いつでも接続できるとは限りません。 この記事では、次の XNUMX つの方法を紹介します。 どこでもWi-Fiが使える またはほとんどどこでも。

常にインターネットを利用するオプション

どこからでもWi-Fiでインターネットに接続

仕事にコンピューターやタブレットなどのモバイル デバイスを使用する必要がある場合は、常に使用できるとは限りません。 利用可能なネットワーク たとえば、旅行に行くとき。 ただし、いくつかのオプションを使用してネットワークにアクセスすることができ、何かを検索する必要がある場合でも問題はありません.

モバイルとデータを共有する

最初のオプションは、モバイルとデータを共有することです。 この場合、あなたは持っている必要があります SIMカード付きの電話 モバイルデータがあり、カバレッジがあります。 今日では、ほとんどの場合、その接続を他のデバイスと共有できますが、一部の通信事業者 (非常に少数) と携帯電話 (ますます少なくなっています) では、テザリングと呼ばれるものを許可しない場合があることを知っておく必要があります。

したがって、あなたがやろうとしていることは、に行くことです 接続共有 オプション、 Android or iOS そこにネットワークを設定します。 任意の名前を付けたり、パスワードを設定したりできます。 侵入者が接続に影響を与える可能性を防ぐため、このキーは安全であることが重要です。

その瞬間から、コンピューターまたは任意のデバイスをモバイルで作成された Wi-Fi ネットワークに接続できるようになります。 カバレッジがあり、データが不足しない限り、問題なくナビゲートできます。

ポータブルルーター

別のオプションは、ポータブル ルーターを使用することです。 基本的には非常に小型でどこにでも持ち運べるデバイスで、SIM カードを使用してモバイル データを受信します。 こうすればできる Wi-Fiネットワークを作成する 他のデバイスを接続します。

ある意味ではモバイルとのデータ共有に似ていますが、今回は特定のデバイスを使用します。 それらはそのために設計されているため、通常はより優れたパフォーマンスを提供します。 より多くのデバイスを接続でき、速度が向上し、切断や誤動作の可能性を回避できます。 ポータブルルーターを上手に選ぶと便利です。

ルーターWi-Fiポート

パブリック ネットワークを使用する

パブリック ネットワークへの接続の可能性を検討することもできます。 これにより、接続にアクセスできるようになります ほぼどこでも 、携帯電話からデータを共有したり、ポータブル ルーターを購入したりする必要はありません。 今日、ほとんどすべての公共の場所でそれらを見つけることができると言えますが、あなたがいる場所には何もない可能性があるため、オプションではありません.

ここで、公衆 Wi-Fi ネットワークを使用する場合は、適切なネットワークを使用することが重要です。 VPN モバイルまたは任意のデバイスで。 このようにして、接続が暗号化され、セキュリティとプライバシーに影響を与える問題が発生しなくなります. データが漏洩して問題が発生するのを防ぎます。

要するに、ご覧のとおり、ほぼどこでも Wi-Fi を利用できるオプションがあります。 モバイル データの共有は非常に簡単です。多くの場合、安定した接続を確保するためにポータブル ルーターを入手することが解決策となり、利用可能な場合は公衆ネットワークを使用することも考慮に入れることができます。