Macからリモートデスクトップに接続する方法

世界 Mac リモートコントロールは、誰でもコンピュータに接続したり、その逆を行ったりできる非常に興味深いオプションです。 このようにして、macOSの新規ユーザーへの説明を説明したり、複雑な技術的インシデントを解決したりできます。 このチュートリアルでは、Macで快適な方法でそれを行う方法を説明します。

Macデスクトップユーティリティにリモート接続する

あなたがMacの世界の初心者である場合、コンピュータ自体またはmacOSがどのように機能するかについてあまり知識がないかもしれません。 そのため、常に最も基本的な概念を教えてくれる人を探すことができます。 発生する可能性のある問題のXNUMXつは、彼が物理的にあなたの近くにいないことであり、彼の前にチームがいない場合の説明は、実行がやや複雑になる場合があります。 そのため、リモートデスクトップを管理できるツールがあります。 このようにして、明らかにセキュリティとプライバシーのフレームワーク内で、すべての説明を観察して聞きながら、人があなたの机を制御できるようになります。

Macからリモートデスクトップに接続する

これは非常によく似たものです Apple コンピュータソフトウェアでいくつかの技術的チェックを実行するために使用します。 それらはリモートで接続し、常に監視下で機器を制御して、発生している障害を見つけることができます。 これは、家庭環境にも適用できます。 機器に問題があり、解決方法がわからない場合は、このリモコン機能を使用して、いつでも知人に修理や調査を依頼することができます。 間違いなく、このタイプのツールで日常生活を少し楽にするためのユーティリティがたくさんあります。

リモートMACの制御

リモートデスクトップの信頼性

この点に関してあなたが持つことができる大きな恐れのXNUMXつはプライバシーであるか、またはコンピューターが自分の許可なしにアクセスされることです。 確認済みのネットワークで見つかったアプリケーションは、あなたが知っている誰もがあなたのコンピュータにアクセスすることを常に保証します。 誰かが自分のコンピュータで何をしているのかを観察したり、うっかり情報を盗んだりする可能性があるという考えを常に持っているのは当然です。 ただし、そのためには、人が端末にアクセスするための許可を常に与える必要があります。また、一連のコードなどの特定の情報をこのXNUMX人目に提供する必要があります。

このタイプのタスクを実行するための最も有名なアプリケーションのXNUMXつは、間違いなくTeamviewerです。 セキュリティ 70%の場合、UDPまたはTCPを介した直接接続が保証されているため、はその強みのXNUMXつです。 セッション暗号化は、現在のセキュリティ標準のXNUMXつであるhttps / SSLで使用されているものと同様のテクノロジであるAESのおかげで完全に暗号化されます。 誰かがあなたのコンピュータを遠隔操作することへの恐れを失うことができるのは、これらすべてのためです。 明らかに、あなたは賢くなければならず、まったく関係のない人にパスワードを提供してはならず、常に画面から目を離さないでください。 以下に示すように、いつでも画面に介入して、機密フォルダやパスワードストレージセクションにアクセスできないようにするツールが常にあります。

Teamviewer、リモートデスクトップジェスチャー

前に述べたように、TeamViewerでこのプロセスを実行できるようにすることをお勧めします。 あなたはそれからそれをダウンロードする必要があります official page そしてそれを実行します。 明らかに、このプログラムは、Macまたは Windows、両方のコンピューターにダウンロードする必要があります。 つまり、コントローラーとなるコンピューターと、コントローラーが制御されるコンピューター上にあります。 ダウンロードしてインストールしたら、TeamViewerを開きます。

設定TW

中に入ると、左側に表示される[リモートコントロール]セクションに移動するだけで、右側のメイン画面にXNUMXつの異なるブロックが表示されます。 これらは次のとおりです。

  • リモートコントロールを許可する 。 リモートで制御されるのがコンピュータである場合に興味のあるオプション。 表示されるIDとパスワードは、デスクトップの内部にいる人に渡す必要があるものです。 キーを指定したときにTeamViewerを終了しないことが重要です。キーは自動的に生成され、セキュリティのために変更されるためです。
  • リモートコンピューターを制御する 。 コンピューターを制御する人から与えられたアソシエイトIDを入力する必要がある場所を右側にブロックします。 入力したら、データを転送するか、単にリモートコントロールを実行するかを確認する必要があります。 接続を続行するには、「接続」をクリックするだけです。

TeamViewerの

ログインが完了すると、コンピュータをリモートで制御できます。 ただし、前述したように、個人情報へのアクセスを防止するセキュリティ対策は常に存在します。 コンピューターの所有者は、マウスの制御を失うことはありません。マウスをいつでもタッチして、フォルダーや特定の構成に入らないようにすることができます。 使用している壁紙が黒くなり、上部にコンピュータへのアクセスを直ちに解除したり、マウスの電源を切ったり、さまざまなアクションを制限したりするためのさまざまなオプションがあります。 これは、常にセキュリティとプライバシーを保証するために留意することが重要です。