Raspberry Piで写真を編集、表示、カタログ化する方法

すでに持っているあなたの多くは ラズベリーパイ 現時点では、このデバイスに多数のユーティリティを提供できることを知っています。 インストールするオペレーティングシステムとソフトウェアの両方に応じて、いずれかの方法で使用できます。

ほとんどのユーザーは、このタイプの製品で最も適合した一般的なシステムを使用することを選択します。ここでは、RaspberryPiOSを指します。 しかし、特定の種類の使用法を提供することがあるオペレーティングシステムの形で他にも多くの提案があることを知っておくのは興味深いことです。 たとえば、このミニPCを次のように使用する可能性があります。 ストレージサーバー , レトロなビデオゲームコンソール、P2Pネットワークからのファイルのダウンロードなど。

Raspberry Piで写真を編集、表示、カタログ化する

それほど要求の厳しい特定のタスクのために従来のPCとしてそれを使用する人々さえいます。 このRaspberryPiに提供できる優れたユーティリティは、自分の写真のリモートサーバーとして使用することです。 言い換えれば、この小型化されたサイズとコストのおかげで、 リモートストレージ メインPCからネットワーク経由でアクセスできます。 同様に、この機器を使用して、これらに関連するいくつかの基本的なタスクを実行できます。 保存する画像 .

これにより、定期的に使用するコンピューターのディスクスペースを解放し、これらのイメージ関連のタスクにRaspberryPiを使用できるようになります。 明らかに、これらすべてのために、私たちができる特定の種類のソフトウェアが必要になります このマルチメディアコンテンツを表示、編集、またはカタログ化する 。 のように Windows、ここでインストールするオペレーティングシステムでは、RaspberryPiOSまたは リナックス ディストリビューション、私たちは私たちを助けるために特定のプログラムが必要です。

正確にこれらの同じ行で、次の場合に非常に役立つソフトウェアソリューションについて説明します。 このコンピューターからの画像の操作 .

RaspberryPiで写真を操作するためのプログラム

これにより、準備ができたら、それらを保存することができます。 したがって、メインコンピュータで必要な場合は、完全に準備された状態でダウンロードできます。

GIMPインターフェース フォトフレア :これは、RaspberryPiで利用できる多数の機能を提供するエディターです。 多くの人にとって、これは人気のあるもののより強力なバージョンと見なすことができるプログラムです ペイント Windowsで見つけます。 それは私たちに写真をレタッチするための多数のツールを提供しますが、それらのほとんどは基本的なものであり、まさにこの場合私たちが興味を持っているものです。

GIMP :人気のあるものは別として Adobe フォトショップ 、ここでは、最も使用されているフォトエディタのXNUMXつを見つけました。これは、ミニPCにも有効です。 その開発は、アプリケーションが初心者ユーザーとより多くの専門家の両方に有効であるように実行されました。 これにより、実質的にあらゆる形式の画像を表示および編集して、それらを使用して多数のジョブを実行できます。

デジカム –これはRaspberryPiにとって非常に便利なもうXNUMXつのツールです。 写真編集と整理機能の両方 。 したがって、これは私たちが見つけようとしている最も完全な多機能ソリューションのXNUMXつであり、 RAW形式 。 このようにして、ここから画像を編集しながら、画像の大規模なライブラリを管理できます。