携帯電話の画面の色を調整する方法

色は、携帯電話の画面の基本的な調整です。 私たちが見る内容が多かれ少なかれ私たちの好みに合っていることは彼に依存していることは明らかです。 私たちの好みに最適な構成を取得するために、いくつかのキーを提供して モバイル画面の色を調整する .

市場には、さまざまなモバイルモデルと同じ数の画面があります。 電話画面に最終的に表示される色に影響する多くの側面があり、それらのいくつかは 変更可能 彼らが可能な限り最も忠実な方法で色を表示するように私たちの好みに。

色

システムの色パラメーターを変更する

すべての携帯電話、または少なくとも大部分の携帯電話には、 色専用の設定のセクション 画面に表示されます。 画面設定を入力し、これらの中で色域と呼ばれるセクションを見つける必要があります。 各携帯電話では、その名前と使用可能な色の範囲が異なる場合があります。これは、これが通常各メーカーによって変更に与えられる側面であるためです。 いずれの場合でも、オプションは通常非常に似ており、通常、画面の色のXNUMXつの設定を提供します。

キャリバーカラーモビル

ここに 決定する色の好みです 、それらをより強くしたい場合、またはより冷たい構成でしたい場合。 このセクションで選択する内容にかかわらず。 電話全体で見られる色は異なります。

アプリをインストールして色を調整する

アプリは、携帯電話の画面の色温度を編集できるようにするための最良の決定のXNUMXつです。 それは、画面の色を好みに合わせて調整できるアプリだからです より正確な方法で 。 通常、システムは画面の色を変更するためのいくつかのデフォルト設定を提供しますが、これらのアプリの場合、キャリブレーションコントロールはより徹底しています。

キャリバーカラーモビル

カラーキャリブレーターをダウンロードする

最も興味深いアプリのXNUMXつは カラーキャリブレーター 、その名前が示すように、パネルの色を調整できます。 ここでできる 画面上の各RGBチャンネルの強度を個別に選択する 、カスタマイズは合計です。 また、明るさを変更することもできます。非常に重要なのは、異なるカラープロファイルを作成することです。 これにより、たとえば、特定の時間に特定の色をアクティブにし、別の時間に別の色に変更して、画面とその色を環境条件に適合させることができます。 また、いくつかの既存のカラーモードから選択して、即座に異なるカラータッチを与えることもできます。